[2206] 手島揫二鉢 風来記 No.598  
■駄々香  投稿日:2018/01/08 (Mon) 21:14 ID:d9FLolaMXkU  *1回修正  
  Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_13_2) AppleWebKit/604.4.7 (KHTML, like Gecko) Version/11.0.2 Safari/604.4.7
●続きから描く
IMG_002206.jpg  ( 32 KB / 250 x 314 pixels ) by Upload
びっくり仰天です。
1.手島揫二は、二人いた。
   ※初代・手島揫二と、二代目・手島揫二と、二人の“手島揫二”が存在した。
2.楽忠が、東京の道坂に窯を開いていた。
   ※楽忠は、初代・手島揫二の師であった。
どちらも驚愕の事実なのですが、私の中では2の方が、より驚きの度合いが大きいです。
◆手島揫二は二人いたというお話は、非常な驚きではあるのですが、言われてみればなるほど、と思い当たるところがあります。それで今までのモヤモヤがスッキリするなぁ、そうだったのか、と思うわけです。
◆一方で、明治の昔、楽忠が東京・道坂に窯を開いていたというお話は、夢想だにしなかった歴史の事実。目から鱗どころか、私にとっては天地がひっくり返ったような、小惑星衝突なみの大衝撃です。
◆方や大阪の堺、方や東京の本郷。大阪焼はあくまで大阪焼で、東京楽焼とは別個の存在と、普通は誰しもそう考えると思います。それが歴史の昔に、このような形で大阪焼(楽忠)と東京楽焼(手島)が結びついていたとは、いやはや驚いたのなんの。
◆それにしても、よくこれらの事実が、いま明らかになったものだと、そのことに驚かされます。それも、伝聞や推測ではなく、史料に基づいた歴史的事実として、です。そこには、歴史の波に呑み込まれた楽焼鉢の歴史を、東洋蘭風来記の手で世に出してくれという、天の配剤ともいうべきものを感じます。

■エビアン  -2018/01/08 (Mon) 23:06 ID:0a9WYOXTIVs
駄々香ちゃん現わる!!!,、。。・゚・(。つ∀≦。)・゚・。、久しぶりに「鉢スレ」が立って嬉しいよ♪、。しっかし、これほどの衝撃的大ニュースは滅多に無いから、もっと気楽な鉢スレもお願いしとくよ、。
レスを書く前に、あまりに見事なスレッドだったから、駄々香ちゃんスレごとコピーして「手島鉢資料フォルダー」に保存させてもらったよ、。エビアンの返信など必要が無いほど見事な纏めだた、。
◆楽鉢の製作技術の伝播方法には、大阪楽→京楽というルートと大阪楽→手島楽という2つの道があったという事実ね、これは想像すらできない衝撃的な情報だた、。楽鉢にチョッとでも興味のある人なら椅子から転げ落ちるほどの驚きだったて思うよ、。
◆”天の配剤ともいうべきもの”・・・正にその通りで、資料を見せられた時のエビアンもそういう風な感じを受けたよ、。
 


+ No.10197 への返信 +
名前 *
メール
URL
メッセージ *
パスワード
* パスワードは半角英数で8文字まで有効です。

BBS NOTE 8.0b19 Siberia
ExModule NGword
ShiPainter, PaintBBS Program (C)しぃちゃん(shi-cyan)
PictureBBS Program (C) お〜の(ohno)
BBSPainter Program (C) にな(nina)