HOME更新返信順カタログ文章/画像投稿削除編集管理設定

   幅:  高さ:

[2179] 豆弁蘭の縞花  
■駄々香  投稿日:2017/05/17 (Wed) 21:26 ID:x/ispZZIGQI    
  Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_12_5) AppleWebKit/603.2.4 (KHTML, like Gecko) Version/10.1.1 Safari/603.2.4
●続きから描く
IMG_002179.gif  ( 75 KB / 450 x 317 pixels ) by Upload
昨年「豆弁蘭無銘縞」というラベルで買った蘭に、今年、こんな花が咲きました。
◆はっきりと縞の見える葉は1枚だけで、よく見ると糸覆輪か耳摺りが掛かっている葉もあるかな、という程度の柄行きです。それなのに、2輪とも縞花が咲いたので、びっくりしました。(へんてこりんな構図で、申し訳ありません。ピンボケばかりで、焦点の合った写真がこれ1枚だけでした。)

■エビアン  -2017/05/17 (Wed) 22:30 ID:0a9WYOXTIVs
面白い!!!,、。天弁は源平柄、副弁は源平だったり幽霊だったり黒だったり「七変化」するんやなぁ〜、。最も魅力的な所は捧心の内側の「赤スジ」でしょね、。表には普通の色で深覆輪なのに、内側は赤い、。こりゃ珍品だわ、。副弁が多少ヘナヘナしとるね、。・゚・(。つ∀≦。)・゚・。

■駄々香  -2017/05/18 (Thu) 06:03 ID:x/ispZZIGQI
「珍品」の評価を頂き、ありがとうございます。おそらく、花芽が出る芽当りの柄行きによって、花が“七変化”するのだと思いますが。でも、そうだとすると、黒の芽当りからは青花が咲くはず。花の縞の継続性も含めて、今後しばらく、経過観察が必要ですね。

■エビアン  -2017/05/18 (Thu) 09:03 ID:0a9WYOXTIVs
おはよーぅ、。
地味柄とはいえ覆輪性(恐らく覆輪は白色)だから、遺伝子の固定性は高く、どこから咲いても一応の変化はする筈だよ、。花の良い覆輪性の蘭は、葉の柄は案外地味目の場合が多いように思うなぁ〜、。おめでとう!!!,、。
 


[2178] 変化してた  
■イセゴイ  投稿日:2017/05/17 (Wed) 21:08 ID:JsNeEynfRxQ    
  Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
●続きから描く
IMG_002178.jpg  ( 65 KB / 448 x 336 pixels ) by Upload
エビアンさんこんばんは。
こちらは上天気です。
県内ニュースで新品種のイネの田植えが始まったといっていました。

写真は広葉尢魔フ「大勲」です。
昨年末に入手したものですが、昨年の新木が変化しています。
浅黄地に白爪、紺の中透けになっていました。
「三色大勲」や「大君」と呼ばれるものと思われます。
40年前ならだれも見逃していないでしょうね。

いろんな東洋蘭を集めている(東洋蘭に限りませんが)せいかこういうのも回って来るようです。
昨年あたりは細葉尢魔フ面白い品種がヤフオクにいくつか出たのでかなり買いました。


■エビアン  -2017/05/17 (Wed) 22:37 ID:0a9WYOXTIVs *1回修正
ふむ、「大勲」とは珍しいなぁ、。最近は見なくなってる、。画像の新木は一昨年新木からではなく、その親木から出てるように見えるね、。その親木の葉は画像右端の一番上に写ってる葉のように見える、。その葉には元は柄があって、古木になって柄が沈んでるんやろね、。
この去年新木も後で多少は柄は沈むよ、。ただ、今年の新木は上柄になると思うなぁ〜、。去年木の左の葉は源平柄になってて派手目だから焼け込むかもなぁ〜、。今が最も綺麗に見える時かも知れない、。今年作が楽しみやね、。ノリを引いてるから、もっと柄が冴えるといいね、。

■イセゴイ  -2017/05/18 (Thu) 20:19 ID:JsNeEynfRxQ
新木の出方はその通りで、三年前の木から出ているのですよ。
一昨年の木は休んだようです。
今年は柄がよくなってくれそうで今から楽しみです。

「大勲」は交換会などでは出ないんですか。
その代りなのかもしれませんが、細葉も広葉も尢魔ヘヤフオクに割と頻繁に出ています。
値段は安いですが、需要があるのか結構入札されています。


■エビアン  -2017/05/18 (Thu) 21:17 ID:0a9WYOXTIVs
去年木の新木から出た新芽は黒だったのかも知れないね、それで芽欠きしたらその前の木から上柄を生みそうな芽がでたので伸ばしたのかもな、。
春蘭にドップリ浸かってる人には信じがたいことだろうけど、一般の園芸好きの人には尢魔ヘよく作られていて2チャン園芸板でも蘭と言えば尢魔セたなぁ〜、。
 


[2177] 九華・緑茎「大一品」の異常な開花(?)  
■駄々香  投稿日:2017/05/14 (Sun) 21:54 ID:x/ispZZIGQI    
  Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_12_4) AppleWebKit/603.1.30 (KHTML, like Gecko) Version/10.1 Safari/603.1.30
●続きから描く
IMG_002177.gif  ( 51 KB / 281 x 281 pixels ) by Upload
「大一品」、というラベルで買った蘭です。木が小さいので、まだまだ咲くまいと思っていたところ、思いがけず蕾が来ました。ほうほう、これはこれはと喜んでいると、咲いた花はこんな花でした。「な、な、何じゃこれは?」
◆九華は、木に力がないと、こういう咲き方をすることもあるのですか?それとも、「ナンチャッテ大一品」を掴んでしまったのでしょうか?

■エビアン  -2017/05/14 (Sun) 23:13 ID:0a9WYOXTIVs
ふむふむ、チョッと見に「翆萼 」やろね、。翆萼 にしても少し貧相だけどなぁ、。葉姿が分からないけど、横広がりに見えるなぁ〜、じゃ翆萼 でもないかも、。もう少しの期間(1週間〜10日)観察すると、花弁が開くから今よりも判断し易くなるかもなぁ〜、。九華ブームの初めの頃に、某地方から札落ち品が大量に出て、適当に銘品の名前を付けて売られたから、その一部でしょうね、。

■駄々香  -2017/05/15 (Mon) 06:56 ID:x/ispZZIGQI
有り難うございました。「大一品」を買ったつもりが、ちょっと見に貧相な「翠萼」らしい蘭が届いていた可能性には、ご指摘あるまで、全く思い至りませんでした。そういえば、何となく葉性が、肉薄く、やや幅を引いて、一部縒れ気味で、「大一品」とはどこか違うかも、という気がします。
◆ラベルは、「大一品」から「札落ち」に差し替えです。「大一品」ほどの有名品種に、よもや品違いが送られてこようとは、想定もしていなかった私が甘かったです。いやはや、難しいものですね。

■エビアン  -2017/05/16 (Tue) 00:00 ID:0a9WYOXTIVs
ちと用事でレスが遅くなった、ゴメン、。
エビアンとこにも「緑茎で細葉の関頂」とか怪しげな九華は沢山あったよ、。多くは捨てたけど「関頂」のラベル見るとなぁ、花を見たくなって未だ捨ててない、多分近々捨てると思う、。
「翆萼 」で買った株に「極品」が咲いたこともあったけど、多くはラベルよりも悪い花が咲くようやなぁ〜、。九華作りの宿命みたいなもんでしょねぇ〜、。
 


[2176] 中国春蘭「桂円梅」 奥部屋・No.1784  
■駄々香  投稿日:2017/05/11 (Thu) 22:17 ID:x/ispZZIGQI    
  Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_12_4) AppleWebKit/603.1.30 (KHTML, like Gecko) Version/10.1 Safari/603.1.30
●続きから描く
IMG_002176.gif  ( 36 KB / 200 x 273 pixels ) by Upload
こんばんは。奥部屋の写真を拝見して、つくづく「良い花だなぁ」と思いました。
◆「何年に1回の割合でしか咲かない」「写真撮影しようという気にさせる」花が咲いたのですねぇ。よくぞ咲いたり、よくも撮ったりの「桂円梅」画像。あの「100年に一度」の九華「関頂」(故・本井顧問の評)に匹敵する開花だと存じます。
◆同じ“ピーマン捧心”タイプの花でも、「天興梅」とはまた違った“濃さ”を持っていると思います。本当に、好もしいです。

■エビアン  -2017/05/11 (Thu) 23:04 ID:0a9WYOXTIVs
おおおお、駄々香ちゃん、。まさか奥部屋でしかも中国蘭記事で新スレ立ててもらえるとは思わなかったよ、。予想外の喜び!!!,、。
◆「桂円梅」、素直には開花しにくくて、この画像の花も包衣が裂けてるのでお分かりの通りエビアンが手を貸して包衣を剥ぎ取ってますん、。そうしてでもなお写真撮影をしようて気にさせる花は咲き難いなぁ〜、。大概はヒョコユガム、。・゚・(。つ∀≦。)・゚・。
◆いつもならデジカメの設定をクッキリカラーで撮影するんだけど、この花に関してはスッキリカラーで色薄く撮影して後でPC内でコントラスト調節したよ、。少し派手気味かも知れないけど「桂円梅の良い一面」は出てるなぁ〜、。
褒めて頂いて、感謝!!!,、。
◆「天興梅」も再びチャレンジすべく木作りからやりなおしてますん、。

■駄々香  -2017/05/13 (Sat) 08:31 ID:x/ispZZIGQI
人気分野の流行廃り(はやりすたり)とはまた別に、時流がどうあれ「良いものは良い」のだと思います。
◆デジカメのカラーモード設定については、(私のカメラと機種が違うこともあって)よく分からないのですが、私は、上(1枚目)の画像を好もしく思います。色味の再現が正確なのは、下(2枚目)画像の方かも知れませんが、私は、上(1枚目)画像に「桂円梅の良い面」がより“濃く”出ていると感じます。

■エビアン  -2017/05/13 (Sat) 12:20 ID:0a9WYOXTIVs
エビアンの使ってるデジカメは素人向けのコンデジだから、各種設定用語も”クッキリ”とか”スッキリ”とか自然光・蛍光灯とかと分かり易い言葉で書いてある、。子供扱いされてるような気にならせられるコンデジなんだけど、風来記画像にはこれで十分、。白飛びには気を付けてるよ、。
あとはアングル、撮影ポイントは1鉢に1ヶ所しか無い、ていう緊張感を持って撮影ポイントを決めてる、。ただ何となくボンヤリと全体画像を撮影することは避けてるかなぁ〜、。
駄々香ちゃんに気に入って頂けて何より!!!,、。「桂円梅」て迫力あるよなぁ〜、。
 


[2175] 大阪楽鉢「楽雅亭」 風来記 No.583  
■駄々香  投稿日:2017/05/06 (Sat) 20:56 ID:pNqZWMXC0WU    
  Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_12_4) AppleWebKit/603.1.30 (KHTML, like Gecko) Version/10.1 Safari/603.1.30
●続きから描く
IMG_002175.gif  ( 31 KB / 200 x 182 pixels ) by Upload
「楽雅亭」の落款があることから、たいへん貴重な史料であり、浮き彫り紋が飴釉という点で、とても珍しい作品と拝見しました。
◆これも「楽雅亭」の落款のある、風来記No.270(2009年5月)の鉢が、「1700年型」であるのに対して、今月の鉢は「1650年型」です。(「楽焼鉢の形状の歴史」風来記No.576、2016年12月20日)今月の鉢は、楽雅亭の窯が開かれた時期が、(現時点で史料が見つからないとはいえ、)風来記No.270の鉢が作られた年代から、更に50年遡ることの、動かぬ証拠と言えると思います。
◆そうなると、「楽雅亭・宗味」が「楽忠・忠右衛門」の叔父さんにあたる人物であり、忠右衛門より年齢も上で、脇窯を開いた時期も早いはずだという推察とも、話のつじつまが合ってくるのではないでしょうか。更に、楽雅亭が何代・何年にわたって続いた窯であったのかを考える上でも、きわめて重要な作品なのだと思います。
◆瑠璃釉ではなく、飴釉で描かれた浮き彫り紋は、本当に珍しいと思います。よくぞこの鉢を、今の時代に残してくれたものだと思います。

■エビアン  -2017/05/06 (Sat) 22:27 ID:0a9WYOXTIVs *2回修正
お、駄々香ちゃん、。((* ^-^)ノこんばん(* ^-^)ノわぁ〜♪、今月は鉢スレが立たないのかと思ってたよ、。スレ立て、ありがとう♪、。
◆今月の「楽雅亭」なぁ〜、。瑠璃釉よりも前か後か同時期か、なぜ足が猫足なのか、と疑問が多い鉢だよなぁ〜、。まぁ小さい鉢だからね、あまり深く考えなくても構わないのかも知れないけどね、。
◆資料上では明暦年間という昔の植木鉢資料なんて全く無くて、たまたま「楽忠窯」が明治12年まで存在したからこそ判明した部分であって、「楽雅亭」に関しては状況証拠から推察するしか方法は無いねん、。楽家2代目の弟が脇窯を開いたことは楽家の書物に載ってるので、「楽雅亭」がそれに当て嵌まると思う、。(楽家の人が書いたと思われる昭和5年出版の「楽焼」て本は「非売品」とかいてあった)、。
駄々香ちゃんも賛同してくれてるように、これはほぼ間違いなく「楽雅亭は楽宗味の窯」で正解でしょね、。楽家以外の人が「楽がてい」と「楽」の漢字を使う事は禁じられていた時代だから、「楽雅亭」が「楽家の血縁者」であることは事実なんだしね、。他には、その時代に楽家から独立した人は居ないから、。
◆(4代目の時代になると楽家の許可を得ず4代目一入の嫁や弟一元が窯を開き、京都から追放される、。これが今に残る「玉水焼」になる)、。
◆なぜ「瑠璃釉薬」を使わずに「飴釉」だったかについては、「瑠璃釉」が高価だったので使わなかったか、まだ瑠璃釉の製法が無かった時代の鉢か、でしょね、。
◆しっかし、次から次へと「銘鉢」「珍鉢」は現れるもんやなぁ〜、。

■駄々香  -2017/05/07 (Sun) 19:39 ID:12hnI.FJOdU
現れますね〜。風来記ネットワークの面目躍如!、「情報は、情報を発信するところに集まる」と言われていますが、その通りなのだと思います。
◆どういう理由で、この鉢、鬼面足ではなく、猫足なのでしょう。判りません、としか申しようがないです。ただ、同じ「お椀型」でも、今月の鉢と風来記No.406(2011年6月、「楽焼鉢そもそも」)の「楽雅亭」とは、“手”(制作者)が違うように、私には思われてならないのですが。
◆あくまで推測の域を出ませんが、弟子の作品に楽雅亭の落款は、使わせなかったのではないでしょうか。とすると、親子(初代と二代目)でしょうか。仮に親子だとして、今月の鉢(飴釉)と風来記No.406の鉢(瑠璃釉)と、どちらが先でどちらが後?これもまた、判りません、の世界です。
◆今月の鉢は、飴釉を通して、花の紋様の彫り込みが、はっきりと見えます。花弁の筋、葉の葉脈が、細かく丁寧に彫り込まれていることが見て取れます。瑠璃釉の鉢は、このデザインは「花」だと言われても、すぐには飲み込めない感じでした。今月の鉢を拝見すると、なるほど、このデザインは花なのだなぁと、腑に落ちます。

■エビアン  -2017/05/07 (Sun) 22:54 ID:0a9WYOXTIVs
え、あ〜、親子な〜、その線は有りかもなぁ〜、。エビアンは同一人物で製作年の違いだけしか考慮してなかったからなぁ〜、。駄々香ちゃんが正解かも知れないね、。”親子の作風の違い”と結論付けると従前の作品との微妙な違いに説明が付く、。なるほどなぁ〜、。今月の楽雅亭は「二代目」の製作だたか、。
 


[2174] 九華  
■kumasann  投稿日:2017/05/05 (Fri) 21:55 ID:.7rDbYpuBb.    
  Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; Win64; x64; Trident/7.0; Touch; rv:11.0) like Gecko
エビアンさん今晩は、行きは3時半間帰りは五時間半大渋滞の中を帰宅しました。東京湾をショートカットする、東京湾アクアライン、朝は多少の渋滞がありましたが、30分で通過、帰路は2時間たった20キロをです。
九華にはまるののに40年のエビアンさんの九華歴に対して蘭歴たったの10年の私が九華を始めるのは早すぎるのは!!!、
分かってわいるのですが、はまりだして5年、十数本立の程梅、南陽梅を複数枯してもまだまだ、蘭商さんをもうけさせる、日々です。
まだまだ早いよと私に言われた感じの、奥部屋でした。
ちなみに、程梅は4鉢を、5株目の9本立ち南陽梅を新たに購入して作りだしています。南陽梅にはまったのはエビアンさんの余剰苗が始まりです(自己責任ですけど)、同時期の崔梅はどうにか少しずつ増えては居ります。
とうとう九華総数20数鉢になりました。

■エビアン  -2017/05/05 (Fri) 22:47 ID:0a9WYOXTIVs *1回修正
kumasannちゃん、。☆。.::・'゜★。、::。.::・'★*゚*☆*゚*こんばんは*゚*☆*゚*★☆。.::・'゜★。、::。.::・'゚蒸し暑い夜やね、。
東京湾アクアラインは仕事だったのかな?、まぁそだろな〜、わざわざ行かないよな、。
◆「九華」はエビアンには年数がかかったなぁ〜、。それまでも10種類程度は作ってたんだよ一応はね、。でも「どうでもいい蘭」だたから、プランターに寄せ植えしてたし独立して鉢植えにした株が開花しても手に取って花を覗き込むていうようなこともなく、どういう風に鑑賞してよいものか、どこがいいのか、今年の花は良いのか悪いのかさえも分からず、考えたことも無かったよ、。
「九華の花茎が太いのは目障りだ、」「とか「木幹の九華よりも花茎が細くてナヨナヨした如意素が好きだ、」とかと本井さんに言ってたくらいだから思い返すと赤面ものだよ、。
そういう時間が40年間あって初めて九華に嵌った、。目覚めた、。ようやく”良さ”を理解出来るようになったなぁ〜、。
◆それまでは九華が枯れるなんていうことなど無かったのに、嵌って初めて九華が枯れるようになった、。・゚・(。つ∀≦。)・゚・。
◆今は「関頂」はもとより、「程梅が程梅に咲かない」「南陽梅が南陽梅に咲かない」てな風に別な苦労ていうか悩みが出て来たなぁ〜、。今年は、わざわざ室内に持ち込んで画像撮影したいと思うような株は一つも咲かず、九華の撮影はしなかったよ、。自縛のような禅の境地のような変な心境に達してしまったなぁ〜、。
◆「松村慶華梅を咲かせたい」「あの関頂の花をもう一度見たい」とかと思ってる、。
こういう嵌り方はしない方がいいよ、ていう意味で奥部屋には書きました〜、。
◆kumasannちゃんは”コレクター”だから、その姿勢その方向でいいんじゃないでしょか、。今後もその方向をばく進して欲しいなぁ〜、。

■kumasann  -2017/05/06 (Sat) 08:48 ID:uK1RXSeQuO2
おはようございます!!!
コレクター魂で蘭界を歩き回ります、私なりの楽しみ方で。
今年の、九花は、松村棚からの伝来、秋字と端恵梅を並べて、比べられた事が一番でした。
同じだとか、異なるとか色々ございますが、系統の確定している花、葉姿の鑑賞が楽しめました。

■エビアン  -2017/05/06 (Sat) 16:40 ID:0a9WYOXTIVs
レスが遅くなってゴメン、。ちと出かけてた、。
◆そそ、kumasannちゃんはそのペースその距離感でいいと思うよ、。
 


[2173] 一茎九華  
■475  投稿日:2017/05/03 (Wed) 18:05 ID:YZSLBHUFpQA    
  Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/51.0.2704.79 Safari/537.36 Edge/14.14393
●続きから描く
IMG_002173.jpg  ( 50 KB / 375 x 500 pixels ) by Upload
今年は『南陽梅』とこの『関頂』が開花しました。
5輪で貧弱ですが投稿してみました。

■エビアン  -2017/05/03 (Wed) 18:29 ID:0a9WYOXTIVs
475ちゃん、。☆。.::・'゜★。、::。.::・'★*゚*☆*゚*こんばんは*゚*☆*゚*★☆。.::・'゜★。、::。.::・'゚良い気候になったね、。元気しとうかな?、。
「関頂」やな、。関頂も作ってるんやなぁ〜、。素直に出来てるじゃないのよ、。株に勢いが付けばもっと充実した花が咲くよ、。次回開花時はもっと暗目というか緑色濃くなるように撮影してくれるとエビアンの老眼の目にもクッキリと見える画像になるでしょね、。
「南陽梅」と「関頂」が咲けば十分じゃないのかな、。あと「程梅」くらいか、。

■475  -2017/05/03 (Wed) 19:28 ID:YZSLBHUFpQA
元気です。
連休中に四圃場の田植を終了したく(一圃場は5/20田植で計画)、肥料散布・代かきなど忙しくやっています。
九華の開花も早くなりましたですね!

■エビアン  -2017/05/03 (Wed) 21:51 ID:0a9WYOXTIVs
東洋蘭用語なら知らない言葉は無いんだけど、農業用語は全く分からず、475ちゃんの書いてくれた文が理解できないねん、。・゚・(。つ∀≦。)・゚・。、。農業て健康には良さそうやなぁ〜、。
5月5日が「立夏」なんだから、今はまだ春(と言っても土用の真っ最中だけど)、「九華は夏蘭」というくくりには当て嵌まらなくなってるなぁ〜、。
 


[2172] 九花鑑賞会  
■kumasann  投稿日:2017/04/29 (Sat) 21:32 ID:.7rDbYpuBb.    
  Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; Touch; rv:11.0) like Gecko
●続きから描く
IMG_002172.jpg  ( 124 KB / 575 x 384 pixels ) by Upload
北関東中国奥地蘭同好会第2回九花鑑賞会を開催しました。
関丁、程梅、南陽梅その他を一日鑑賞しました。
愛好家の少ないといわれる九花ですが、遠く神奈川、都内から来場者達と楽しい鑑賞会でした。

■エビアン  -2017/04/29 (Sat) 22:26 ID:0a9WYOXTIVs
作り鉢のままでの展示会でしょ、。そうそうこれでいいのよね、。九華のように植え替え傷みし易い蘭はこれでいいんよ、。エビアンなんかも「口広の支那鉢」などの置き場所がないからプラ鉢で作場の確保をしてるから、展示鉢に植え替えて来い、て言われると九華は出品し辛いものなぁ〜、。この様式なら気軽に出せるな、。
こうして見ると、やっぱ九華には口広の鉢がいいんだてことが良く理解できるなぁ〜、。根と葉とは同じ形になるから、口広鉢で作られた蘭は葉がスンナリ横へ広がって見好い葉姿になるんやなぁ〜、。

■kumasann  -2017/04/30 (Sun) 16:26 ID:.7rDbYpuBb.
画像の鉢は春蘭用黒楽六号、笠間?6号、中国鉢は口径24〜尺鉢ですが、八号以上の広東鉢が多いです。
中国鉢でも通気性の良い鉢で作る方が多いようです。
焼の固い鉢は作るのに苦労して居ます、右から二と三の広東緑鉢が特に人気が有ります。以外に国産の尺鉢でも良くできてます,通気性が良く、乾きやすいからか。
私は、プラ鉢と中国鉢の混用しています。

■エビアン  -2017/04/30 (Sun) 17:17 ID:0a9WYOXTIVs
中央部に展示されてる2個の緑釉広東鉢と隣の中国釘彫り朱泥鉢は松ちゃんの作品かな、。kumasannちゃんのは特定できないなぁ〜、。

■kumasann  -2017/04/30 (Sun) 21:57 ID:.7rDbYpuBb.
中国釘彫りは正解です、濃緑は外れです。薄緑は当たり。
私のは、手前右側なので画像には出て居りません。

■エビアン  -2017/04/30 (Sun) 22:34 ID:0a9WYOXTIVs
え、中央の濃緑釉広東鉢は松ちゃんの関頂じゃないの?ふむう、見間違えたか、。
 


[2170] まぎらわしい  
■イセゴイ  投稿日:2017/04/29 (Sat) 21:12 ID:JsNeEynfRxQ    
  Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
●続きから描く
IMG_002170.jpg  ( 126 KB / 448 x 336 pixels ) by Upload
エビアンさんこんばんは。

先日近くの山に入ってきました。
残念ながら今回は蘭でめぼしいものはなかったのですが、いつも見かけるものでちょっと面白いものを紹介します。

画像の植物は一見シュンランにも見えますが別物です。
正体はスゲと言うもの。
詳しくはカンスゲと言うものだと思います。

私の入る場所だけかもしれませんが、遠目に見ると紛らわしく、初めのころはけっこう間違えました。
さすがに近くで見ると違うことがわかりますが、よく惑わされたものです。
目が慣れた今でも視界の端に映るとはっとしてしまいます。


■エビアン  -2017/04/29 (Sat) 22:17 ID:0a9WYOXTIVs
イセゴイちゃん、。新潟もようやく”春”が来たか、。こういう広葉樹林が今も残ってるてことが素晴らしいなぁ〜、。
 


[2169] 日本春蘭 紺帽子深覆輪黄中透 「金閣宝」  
■駄々香  投稿日:2017/04/22 (Sat) 12:47 ID:12hnI.FJOdU    
  Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_12_4) AppleWebKit/603.1.30 (KHTML, like Gecko) Version/10.1 Safari/603.1.30
●続きから描く
IMG_002169.jpg  ( 43 KB / 450 x 338 pixels ) by Upload
教えて頂いたとおりに、「金閣宝」を、上から下まで極細粒用土で植え替えました。去年新木から最初の根(矢印a)が降り始めていて、その後ろの親木にも新根(矢印b)が来ていました。「金閣宝」はこういう根の下ろし方をする蘭だったのかと、(活字からの知識ではなく)実地に体験して初めて納得した出来事でした。
◆入手してみて、「金閣宝」は、本当に楽しみ多い蘭だと実感しております。奥部屋No.1777の「『金閣宝」をお勧めする理由」に仰るとおり、「作って楽しい」蘭であることが、「金閣宝」の大きな魅力だと思います。

■駄々香  -2017/04/22 (Sat) 13:07 ID:12hnI.FJOdU
すみません。私の言葉が足りなくて、投稿の前半分が意味不明ですね。
@万一の保障(ウイルス病など)の問題があるので、新たに買った蘭は、1年間は植え替えをしないで作るのが常道と認識しておりますが、A私の求めた「金閣宝」(最大葉長3寸5分ばかりの小木)は、極細粒ではない、一般的な粒の大きさの用土で植え込まれていたので、Bどうしようかと迷ったのですが、思い切って鉢を返し、極細粒用土で植え直しました。
ここで申し上げたかったことは、そういう内容でした。

■エビアン  -2017/04/22 (Sat) 16:42 ID:0a9WYOXTIVs
よく出来た画像だなぁ〜、。左端に4年木か5年木の2枚の葉先きが垂れ下がっている構図で、1号性の金閣宝であることをさり気なく示しながら根の様子を説明してるんやなぁ〜、。新根bの左にも新根がもう1本降りかけてるね、。無茶をせずに上作された木であることが分かるよ、。新芽の芽当たりの位置も良し、。
今後気を付けなければならないことは、画像の印象では相当機嫌の良い株のようだから、時々は水苔をハグって観察しないと、前奴子とか後ろ前とかに第2の新芽を出しそうな気配があるところかなぁ〜、。見つけ次第、可及的速やかに削除しなければ第1芽の生育に影響する、てところくらいかなぁ〜、。

■駄々香  -2017/04/23 (Sun) 00:16 ID:12hnI.FJOdU
貴重なアドバイス、有り難う御座います。「まだまだ小さな木だし、第2の新芽の心配は、当分先の話でしょう。」と、私は甘く考えていました。今回注意していただかなかったならば、気がついた時には“手遅れ”だったことでしょう。「東洋蘭風来記」に、大感謝です。
◆第2の新芽が前に奴に出たら、片方を掻くことにためらいはありません。しかし、もし後ろから出たら、「お。しめた。真ん中で割れは、2株に出来るぞ。」という欲が出ると思います。仰るとおり、「金閣宝」を作ることは、飼い主にとって、自分との戦いになる訳ですね。

■エビアン  -2017/04/23 (Sun) 00:41 ID:0a9WYOXTIVs
そういうこっちゃね、。それで大概の場合は誘惑に負ける、。・゚・(。つ∀≦。)・゚・。、商人さんは特に欠くのを躊躇う傾向があるなぁ〜、。商人にとっては新木が付いててこその商品なんだものね、。
愛好家は変な色気を出さずに大きい木の株立ちを目指して欲しいなぁ〜、。
 

BBS NOTE 8.0b19 Siberia
ExModule NGword
ShiPainter, PaintBBS Program (C)しぃちゃん(shi-cyan)
PictureBBS Program (C) お〜の(ohno)
BBSPainter Program (C) にな(nina)