HOME更新返信順カタログ文章/画像投稿削除編集管理設定

   幅:  高さ:

[2317] この冬は寒いか  
■イセゴイ  投稿日:2019/11/21 (Thu) 21:25 ID:dYxNRdLUf6Q    
  Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/78.0.3904.108 Safari/537.36
エビアンさんこんばんは。
奥部屋15周年おめでとうございます。
始まったころは東京に住んで、ベランダで細々と蘭を育ててました。
その頃から今も参考にさせてもらっています。

さて本題です。

普段地元のFMを聞いているのですが、この秋リスナーからの
「カマキリの卵が見たことないほど高いところに産み付けられている」
という内容のメールがいくつか読まれていました。

新潟ではカマキリが高いところに卵を産むとその冬は大雪になるといわれています。
科学的に証明されたというわけではないようですが、結構根強く言われています。

大雪と言うことは寒気が強くなるということなので、寒さも厳しくなるということになります。

ただ、私自身は雪の多い長岡の山あいで1・5mほどのところに産み付けられているのを先日見ているので案外雪も少なく、寒さも弱いかもしれません。

どうなるかはわかりませんが、去年一月の大寒波ではうちもだいぶやられたので防寒はしっかりします。


■エビアン  -2019/11/21 (Thu) 22:03 ID:0a9WYOXTIVs
イセゴイちゃん、。コンバンワ━━━━o(*>_っ<)ノ゙━━━━!!! 、スレ立て,ありがとう♪、。
◆「カマキリが高いところへ産卵すると豪雪、」というのは流石雪国て印象の諺やなぁ〜、。今冬は厳冬になるのかな?
こっちにも「アシナガバチが高いところに巣を作ると猛暑」とか何とか諺があったけど,毎年猛暑の夏になってしまったしなぁ〜、。・゚・(。つ∀≦。)・゚・。
◆今冬が厳冬になる可能性があるなら,今から何らかの用意をするよ、。ありがとう♪、。備えあれば・・・だもんね、。
 


[2316] 東洋蘭風来記15年祝賀  
■kumasann  投稿日:2019/11/19 (Tue) 06:48 ID:ey.Mbjpxznk    
  Mozilla/5.0 (Linux; Android 6.0.1; F-02H Build/V20R057B; wv) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Version/4.0 Chrome/48.0.2564.106 Mobile Safari/537.36
東洋蘭風来記15周年おめでとう御座います。私に取り風来記は、教科書であり蘭友と出会うきっかけを作って頂いた聖典です。先ずは20年を目指してお身体御自愛下さいませ(^-^)

※コメント1 - 4は省略されています[全て表示]
■エビアン  -2019/11/19 (Tue) 17:49 ID:0a9WYOXTIVs
kumasannちゃん、からっ風ちゃん、駄々香ちゃん、475ちゃん、みんなにお世話になってる、だから続けられる、。楽しいからね風来記を続けてるのはね、。風来記が無かったら一番困るのはエビアン自身だ、。・゚・(。つ∀≦。)・゚・。その事は自覚してるよ、。

■友遊蘭 [HOME]  -2019/11/19 (Tue) 21:36 ID:liyAoIxNZhU
東洋蘭風来記、満15歳おめでとうございます。
風来記、帰りの通勤電車の中で、訪問するのが日課となっております。いつもありがとうございます。本HPは、私の蘭づくりの原点となっております。
エビアンさん、これからも、お体にご留意のうえ、満20年(成人式)を目指して頑張ってください!!

 -2019/11/20 (Wed) 01:03 ID:BR0rj1SJZ6k
風来記、満15年、おめでとうございます。15年前、私は最初に勤めていた HP という会社(今、ゼロックスが買収するとか騒がれている会社)を早期退職して、次の会社に移ろうとしているところでした。東洋蘭や風来記との出会いは、その5年後になります。その頃からお世話になりっぱなしで、恐縮するばかりです。これからもよろしくお願い致します。

■松  -2019/11/20 (Wed) 08:12 ID:oLRRotGlsIQ
東洋蘭風来記、満15年、おめでとうございます。

いつのころからか風来記を拠り所としている私の蘭作ですが、幅と奥行きを与え楽しみ方を教えてくれています。
今日も明日も明後日も・・、私なりの蘭三昧を楽しむ生活に感謝です。

応援しています‼


■エビアン  -2019/11/20 (Wed) 23:45 ID:0a9WYOXTIVs *1回修正
>友遊蘭ちゃん、鐘ちゃん、松ちゃん、。
お祝い、ありがとう御座います〜、。故障だらけのサイトだけど、過去ログが消えるのが嫌だからサーバーを使い続けてる、。それでも見に来て下さる人が居られるから続けて行けます、。
今後とも、よろしくお願いします、。
 


[2315] ヘツカランの花  
■駄々香  投稿日:2019/11/18 (Mon) 18:13 ID:nScwTtDsZjk    
  Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_15_1) AppleWebKit/605.1.15 (KHTML, like Gecko) Version/13.0.3 Safari/605.1.15
●続きから描く
IMG_002315.jpg  ( 44 KB / 400 x 548 pixels ) by Upload
ヘツカラン(というラベルで買った蘭)の花が、満開になりました。
奥部屋No.434(2008年11月26日)「中国蘭・寒鳳蘭の花」の記事に、
>念のために鼻を近づけるとなんとなんと他の東洋蘭とはチョッと違う「きつく短い香り」があった、。
と書いてあったので、どれどれ本当かしら?と顔を近づけてみると、本当だ!香りがあるんですね!!。
私は今まで、ヘツカランも寒鳳蘭/春鳳蘭も花は無香だと思い込んでいたので、香りがあったことに驚きました。
エビアンさんの慧眼に、脱帽です。

■エビアン  -2019/11/18 (Mon) 21:42 ID:0a9WYOXTIVs
お?、ん?、え?、これエビアンの画像とちゃう、。駄々香ちゃんの栽培・撮影画像なんやな、。・゚・(。つ∀≦。)・゚・。すっかり間違えてた、。
◆駄々香ちゃん,。コンバンワ━━━━o(*>_っ<)ノ゙━━━━!!! 
「辺塚蘭」を咲かせたんやなぁ〜、。本楽鉢で作られてるぞ,。根が凄いから植え替え時に蘭が抜けるかなぁ〜、。
◆東北地方に於いても,今年は年内に開花したんやね、、。「香り」は常時匂うてもんじゃ無いけど、一日の内のある時間には匂うでしょ?、。むしろ「完全無香」ていう蘭の方が少ないよね、。

■駄々香  -2019/11/18 (Mon) 23:19 ID:nScwTtDsZjk
こんばんは。紛らわしい投稿画像で申し訳ありません。この花、どう工夫してみても他の構図で撮りようがなく、こういう写真になってしまいました。
◆鉢は、つい先日まで洋蘭用のプラ鉢にミズゴケ植えでした。ところが、下垂する花茎が鉢の深さを超えて伸び、先端の花が置き台にぶつかってしまいました。そこで急遽、プラ鉢からスッポリ抜いて、そのまま楽鉢に突っ込んで撮影したのです。
◆ヘツカランは、人間用の暖房が入った部屋に置いてあります。それもあって年内に咲いたのではないでしょうか。(過去に鳳蘭の小松錦をダメにした経験から、おそらくヘツカランも、全く暖房無しの室内では東北地方の冬を越せないと思いまして。)今の時期に蘭の花が咲いているのは、嬉しいものですね。

■エビアン  -2019/11/19 (Tue) 00:36 ID:0a9WYOXTIVs
まぁ今は「寒蘭の花」の季節なんだけどね、^^。エビアンとこでも寒蘭が10鉢くらいは咲いてるよ、。
◆そかぁ、。東北地方で蘭を作るということは西の人間には想像も出来ない厳しい気候条件をクリアせなアカンのやな〜、。大変やな、。
 


[2314] 朶朶香「秀月」バック吹きに起こった不具合  
■駄々香  投稿日:2019/11/14 (Thu) 21:07 ID:nScwTtDsZjk    
  Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_15_1) AppleWebKit/605.1.15 (KHTML, like Gecko) Version/13.0.3 Safari/605.1.15
●続きから描く
IMG_002314.jpg  ( 43 KB / 450 x 300 pixels ) by Upload
朶朶香「秀月」のバック吹きです。順調に吹き上がったと思っていたのですが、11月に入って新芽の葉が1枚、一晩で黄褐色に。それから数日で、写真のような状態になりました(上砂を除けて撮影)。新芽を引っ張っても、スポッと抜けることも無く、バルブ部分も硬いのです。肥料アタリ、薬害は、思い当たりません。
考えられる原因は、何でしょうか?診断とアドバイスをお願いいたします。

※コメント1 - 1は省略されています[全て表示]
■駄々香  -2019/11/14 (Thu) 22:19 ID:nScwTtDsZjk
ありがとうございます。原因と対策について明快に解明して頂き、御礼申しあげます。
◆“酸性度”の強い、もっと粗悪な鹿沼土が適するのですか。存じませんでした。ノウハウのご伝授に感謝いたします。
◆写真には写っていませんが、ダメになった新芽の後ろ側に芽当りが見えます。なんとかやり直しは利くと思います。早速やってみます。

■エビアン  -2019/11/14 (Thu) 23:01 ID:0a9WYOXTIVs *1回修正
奥部屋に書いたかどうかも判然としないけど,・・・
園芸店へ行くと(アマゾンでも買えるけど)「スプレータイプの赤い容器に入った殺菌・殺虫剤」が1000円前後で売られてるよ、。これは意外に便利でね、こういう場合の切り口や植え替え時の根っこや、栽培時の葉や新芽にシューッと噴霧しておくと、どうも効いてるように思う、。製薬会社によって類似品が数種類有るけどいずれでも同じ、。
------------------------------
>駄々香ちゃん、。奥部屋の「白妙スレッド」の下部にスプレー式殺虫殺菌剤の画像を掲載しました、。2種類ほど手元に置き,普段から時々シューッとしておくと便利,。植え替え時の根にもね、。

■駄々香  -2019/11/15 (Fri) 19:20 ID:nScwTtDsZjk
奥部屋への画像掲載、ありがとうございました。明日にでも、ホームセンターに行って買って来ます。これは非常に重宝しますね。

■駄々香  -2019/11/16 (Sat) 15:02 ID:nScwTtDsZjk
スプレー式殺菌・殺虫剤、ホームセンターに行って買ってきました。同一メーカー製で剤の構成が異なる製品を2種類です。
“粗悪な鹿沼土”の入手に、思いのほか手間取りました。”特選”や”硬質”は売られているのですが、“粗悪な”鹿沼土が置いてないのです。ようやく、それらしきもの(ボクボクと柔らかで、袋の底に粉がいっぱい)を小袋入りで見つけ、買って来ました。

■エビアン  -2019/11/16 (Sat) 19:25 ID:0a9WYOXTIVs
コンバンワ━━━━o(*>_っ<)ノ゙━━━━!!! 
(^∇^)アハハハハ!!!,、。  そりゃぁご苦労さんだったなぁ〜、。高級店じゃ逆に粗悪品は置いてないのかもなぁ〜、。
スプレー式農薬は、効いてるのか効いてないのか判然とはしないけど、これを使用して以来、不思議な枯れ方は減ったように思うなぁ〜、。黒点も減ったようだし、。
 


[2313] 秋蘭の花茎に起こった不具合について  
■駄々香  投稿日:2019/11/08 (Fri) 07:45 ID:nScwTtDsZjk    
  Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_15_1) AppleWebKit/605.1.15 (KHTML, like Gecko) Version/13.0.3 Safari/605.1.15
●続きから描く
IMG_002313.gif  ( 53 KB / 256 x 384 pixels ) by Upload
「秋蘭」というラベルで買った蘭です。前の晩まで異常は認められなかったのに、翌朝見ると写真のありさまです(2019年10月20日撮影)。
我が家では、初めて経験する現象です。これは何が原因で起きた不具合でしょうか?診断とアドバイスを、よろしくお願いいたします。

※コメント1 - 4は省略されています[全て表示]
■エビアン  -2019/11/11 (Mon) 19:57 ID:0a9WYOXTIVs
narimuneちゃん、。☆。.::・'゜★。、::。.::・'★*゚*☆*゚*こんばんは*゚*☆*゚*★☆。.::・'゜★。、::。.::・'゚書き込み,ありがとう♪、。早朝6時に書き込んでくれてたんやなぁ〜、。
◆ふむふむ、ナールホどぉ、吸汁虫の仕業なんやね、。エビアンとこにもスイッチョも居るし他の虫も居るんだろうなぁ〜、。

■駄々香  -2019/11/11 (Mon) 20:30 ID:nScwTtDsZjk
ご教示の書き込み、ありがとうございます。
花芽が伸び始めてからは、玄関の下駄箱の上に置いていました。陽の入る方向へお辞儀する花をまっすぐ立てようと鉢を回すことはしました。しかし、支柱を立てて誘引するとか針金を巻くとかはしていないので、花茎を触って傷を付けた可能性は低いと思います。
被害直後に化粧砂を剥がして”犯人”が潜んでいないか探したのですが、化粧砂の中に虫もカタツムリも見つかりませんでした。そこで、羽のある虫が飛んできて悪さをした可能性が高いと考えます。
お陰様で、原因が判ると対策も立てられます。ありがとうございました。

■エビアン  -2019/11/11 (Mon) 22:48 ID:0a9WYOXTIVs
開花してから花弁を食われたというなら、犯人の第1番目は”ゴキブリ”だよ、。室内ならね、。

■駄々香  -2019/11/12 (Tue) 06:57 ID:nScwTtDsZjk
えっ?! ゴキブリって、蘭の花を囓るのですか。知りませんでした。屋内に入れたからといって、安心できませんね。

■エビアン  -2019/11/12 (Tue) 17:37 ID:0a9WYOXTIVs
ゴキブリは蘭花を好き、。・゚・(。つ∀≦。)・゚・。、まず「舌」を食べる、次に花弁を食べる、。長期間の展示会では会場に棲み着いてるゴキブリに餌をやってるような気分になるよ、。・゚・(。つ∀≦。)・゚・。
 


[2312]  
■エビアン  投稿日:2019/11/05 (Tue) 21:18 ID:0a9WYOXTIVs    
  Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
なんか、この「画像投稿掲示板」は直ぐに「コメントボタン」が消えるね、。

■エビアン  -2019/11/06 (Wed) 10:57 ID:0a9WYOXTIVs *2回修正
駄々香ちゃんの説に異議を唱える物では無いけど、ここんとこの微妙なニュアンスを東の人に理解してもらえるかどうかは不明だけど、「楽徳」は「京楽絵師」だよ、。京都の人間、。西日本の人間にとっては「富士山」はそれほど馴染みのある存在じゃ無い、。エビアンも過去に数十回東京へ列車で行ってるけど「富士山」が見えたのは10回も無い、。大概は雲の中、。
京楽絵師が富士山をモチーフに絵を描くことは非常に珍しい出来事だと思うねん、。
今現在でさえ,西と東は文化的に切れてる、。楽鉢で「富士山」を描いてあれば「三河鉢」と思って間違いはない、。なぜ「今月の楽徳」「来月の松楽」が「富士山」を描いたのかが風来記のテーマだた、。

■駄々香  -2019/11/06 (Wed) 20:30 ID:nScwTtDsZjk
新スレッドを立ててのレス、ありがとうございます。仰るとおり、すぐに「コメントボタン」が消えますね。
しかし、スレッドの長さに制限があることは、プラスの効果も大きいと思います。要領よく手短に、読んで分かってもらうための文章を書くという、掲示板投稿の基本原則を再認識させられるからです。〈以下、前スレの駄々香カキコに対する反省を込めて〉込み入った話を長々と投稿されては、読む人(特にスマホをお使いのご訪問者)にとって、甚だ迷惑なのですから。
◆エビアンさんはレスで、非常に重要な事項を指摘しておられます。「京楽絵師が富士山を描くことは非常に珍しい出来事」「楽鉢で『富士山』が描いてあれば『三河鉢』と思って間違いはない」です。
ここに至って駄々香は、自分が大きな勘違い、早合点をしていたことに気がつきました。
(1)浮田楽徳はなぜ、格下の「龍」を正面(一の足)に持って来て、格上の「富士山」を足の間に描いたのか?
(2)なぜ「今月の楽徳」「来月の松楽」が「富士山」を描いたのか?
駄々香は、検討すべき課題は(1)だと早呑み込みをしたのですが、エビアンさんの問いかけは(2)だったのですね。いま、ようやく気がつきました。〈ここまでの駄々香の軌道修正は、合っていますか?ここが間違えていると、また駄々香は見当外れの方角にいってしまうので・・・。〉
◆さて、何故でしょう。駄々香が思いつくことといえば、「発注者である旦那から『富士山』も描いてくれと頼まれたから」。でも、これでは答えになっていませんね。
そもそも、京都の職人さんの気質として、依頼されたからとて自分の意に沿わない仕事をするものかどうか。そこからにして、白河の関のなお奥つ方に生い出でたる身には、想像だに付かないのです。〈反省の甲斐もなく、また長文になってしまいました・・・〉

■エビアン  -2019/11/06 (Wed) 21:31 ID:0a9WYOXTIVs *1回修正
西日本と東日本じゃ”文化が違う”、。距離的な要素が大きいんでしょね、、。
♪富士はニッポンいちの山〜♪とは唄ったけど見たことはない、ありがたいとも思わない、。馴染みが薄い、。
だから駄々香ちゃんが言うように「旦那の注文だった」のでしょうね、。旦那がどういう風に伝えたのか分からないけど,楽徳は富士山を写実的に油彩画のように描いてる所が面白いと感じたなぁ〜、。恐らく「富士山と龍とを組み合わせて描いてくれ」と依頼したんでしょね、。富士と龍の2つのテーマがバラバラで1つの絵画になってない不完全さを感じるものねぇ〜、。
◆恐らく、熊本の大地震と土石流・広島の土砂崩れ・岡山の洪水・大阪の台風、が東の人には痛みが伝わらないように、東日本大地震・今年の台風15号19号、は西の人間にとってはどこか他人事だ、。距離の遠さは理解を阻むし文化も変えてしまう、。楽鉢の絵付けを見て、平素から感じることやなぁ〜、。

■駄々香  -2019/11/07 (Thu) 22:08 ID:nScwTtDsZjk
日本の西と東では”文化が違う”ことに異議無し。「・・・東の人には痛みが伝わらない・・・、・・・西の人間にとってはどこか他人事だ、。」に同感。なのですが、「西日本と東日本じゃ”文化が違う”、。」という表現に、強い違和感を覚えた駄々香です。
なんでかなぁ?と按ずるに、“エビアンさんの仰る「東日本」と駄々香の想う「東日本」では、定義というか、意味するところが違うからだ”、と気がつきました。
◆畿内(山城・摂津・河内・大和・和泉)のお人から見れば、三河も江戸も、「東日本」なのでしょう。ところが、白河の関の東の路遠く、出羽国山形領に生まれ育った駄々香から見れば、箱根の向こう側はすべからく「西日本」でありまして、三河鉢は「西日本」の鉢でした。これが駄々香の感じた違和感の正体。
駄々香は、違う土俵で独り相撲を取っていたのです。コミュニケーションって、難しいものですね。
◆そうでしたか。「旦那の注文だった」のですね。自分で言っておきながら、いかにも取って付けたような答えで、どうかなぁと思っていたのですが。
ちなみに、富士山を特段ありがたいとも思わないし、馴染みが薄い点では、東北人も同じです。
◆その”馴染みが薄い”はずの富士山を、浮田楽徳が「写実的に油彩画のように描いた。」そこから、「楽徳は富士山を自分の目で見たのではないかなぁ」(風来記)となる訳ですね。飲み込みの悪い駄々香にも、ようやくエビアンさんのお考えの流れが見えてきました。
はたして、楽徳さんは見たのでしょうか。見たかもしれませんね。

■エビアン  -2019/11/08 (Fri) 20:27 ID:0a9WYOXTIVs
それは言えてる、。東洋蘭風来記を始めるよりも遙かに昔,まだPC時代でも無かった頃、関東の人から電話で「エビアンさん、今年の関西地方の蘭の出来具合はどうですか?、たとえば名古屋などは、どう?」と聞かれ,「え、名古屋は関西と違う、」と感じたのを思い出したよ、。関西というのは、せいぜい京都辺りから西のことだと思ってたので,感覚的に違和感があったなぁ〜、。名古屋とか和歌山は東京文化圏だと思ってるよ、。
 


[2311] 浮田楽徳窯「雲龍富士山図6寸万年青鉢」 風来記No.627  
■駄々香  投稿日:2019/11/03 (Sun) 19:56 ID:nScwTtDsZjk    
  Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_15_1) AppleWebKit/605.1.15 (KHTML, like Gecko) Version/13.0.3 Safari/605.1.15
●続きから描く
IMG_002311.jpg  ( 33 KB / 200 x 250 pixels ) by Upload
拝見いたしました。まさに令和の新時代を祝うに相応しい、見事な鉢、溜息モノです。この鉢に関しては、「何とも羨ましいほどの良い鉢、。それも6寸の大鉢、。」というエビアンさんの一文に全てが集約されているので、駄々香が今更付け加えることはありません。
でも、そう言ってしまう後が続かないので、ここは駄々香なりに「100数十年前の浮田楽徳に思いを馳せて」みたいと存じます
◆今月の鉢と、先月の「吉祥貝合紋万年青鉢」とを拝見して改めて感じたことは、“楽徳さんは、何とすごい陶芸の腕前の持ち主だったんだろう”、でした。何しろ、6寸8分と6寸です。生半可な技量で作れる台ではない、と思います。
そこで疑問に思ったことは、”楽徳さんは、いつ、どこで作陶の修行をしたんだろう?”、です。
◆楽徳さんは、京狩野の流れをくむ絵師でしたね。その技量の半端でないことは、これまで風来記で紹介された楽徳鉢の数々で拝見したとおりです。
その凄腕の絵師さんが、「世が世なら、神社仏閣の天井画や壁画・襖絵に存分の腕を振るったものを。きょうび絵師では食べて行かれないから、鉢屋に転向して糊口を凌ぐとしよう。」と言って、そう簡単に陶工と絵師(陶画工)の二足のわらじが履けるものでしょうか?
◆大店の旦那さんが、多芸の中の一芸で絵も描けば焼き物も作るというのとは、訳が違います。「絵師」は、「職人」ですね。「職人」とは、専心、技を磨くことに精進して一芸に秀でたる人。ならば、あれもこれもと、そんなに器用にこなせるものでしょうか。
それを見事に成し遂げた浮田楽徳さんとは、いったいどういうお人だったんだろう?先月と今月の鉢を拝見して、駄々香は、そんなことを考えました。
◆龍が雲を呼んだか、駄々香スレも文脈の雲行きが怪しくなってきました。長々とお読み頂き、ありがとうございます。
浮田楽徳という稀代の才能は、駄々香の理解の及ぶ範囲を超える、それを思い知らされた鉢でありました。

■エビアン  -2019/11/03 (Sun) 21:39 ID:0a9WYOXTIVs
駄々香ちゃん,。コンバンワ━━━━o(*>_っ<)ノ゙━━━━!!! 、スレ立て,ありがとう♪、。
◆良い鉢だよねぇ〜、。羨ましくなるほどでしょ?、そうなんよなぁ〜、。
◆エビアンが「なぜ龍が主役なのか」に疑問を感じたのに対して、駄々香ちゃんは「浮田楽徳はどこでいつの間に楽鉢の修行をしたんだろうか?」と疑問を感じたんやなぁ〜、。
答えになるかどうかは分からないけど、風来記過去スレの「佐々木松楽窯」のどこかに「佐々木松楽は明治38年に窯を開くまでは浮世絵の錦絵師だった、」「ある時陶器で龍の置物を作ってみたら・・・」という記述が有る筈ですん、。画像も付けてある、。錦絵の絵師が、ある日突然「龍の置物」を陶器で作ってしまえるものなんやなぁとかんじたものだた、。
◆「浮田楽徳の鉢が比較的柔らかくニュウの入った鉢が多い」のも、陶工としての腕前は未熟な部分が有ったのかも知れないから、誰かに着いて趣味程度に陶器制作を習った可能性があるなぁ〜、。佐々木松楽も同じだ、。
◆江戸時代の趣味人「本阿弥光悦」なんて人は、楽家へ出入りして楽茶碗作りを盗み見て自分でも窯を作って茶碗を作り,「白富士」という「楽焼唯一の国宝に選ばれた茶碗」を作ってしまったんだから、才能有る職人肌の人は他のことも熟せてしまうものかも知れないなぁ〜、。
◆駄々香ちゃん言うように,楽徳は凄い才能有る職人だったようやね、。エビアンが生まれる32年前に他界されてる、。(こう書くと,エビアンも古典人間みたいだ、。・゚・(。つ∀≦。)・゚・。

■エビアン  -2019/11/04 (Mon) 10:33 ID:0a9WYOXTIVs
◆思い返せば、駄々香ちゃんもエビアンも「絵師・一柳さん」が大好きで、「一柳ファンクラブ会員番号1番と2番」みたいなもんだもんなぁ〜、。駄々香ちゃんがこういう絵付けを見た時の感情移入はよく分かるよ、^^。

■駄々香  -2019/11/04 (Mon) 22:09 ID:nScwTtDsZjk *1回修正
レスありがとうございます。浮田楽徳さんにしても佐々木松楽さんにしても、出来る方には出来るということなのですね。己の身の丈を尺度にして他所さまのことをあれこれ言うと間違いだぞと、思い知りました。
「一柳さんファンクラブ会員番号2番」とは身に余る光栄で、痛み入ります。
◆さて、エビアンさんの疑問「なぜ龍が主役なのか」に関連して、駄々香の思いつきを申し述べます。裏付け調査も資料もない、単なる思いつきですから、眉に唾をつけてお読み下さいませ。
◆今月の鉢の「雲龍富士山図」を拝見して思ったことは、”これで龍を天女にしたら、お能の「羽衣」じゃないか。”でした。漁夫の白龍から羽衣を返された天女が、数々の舞を見せた後、月の世界へと帰って行くラストシーンです。能「羽衣」のキリの謡、
〽・・・さる程に。時移つて。天の羽衣。浦風にたなびきたなびく。三保乃松原浮島が雲の。愛鷹山や富士の高嶺。かすかになりて。天つ御空の。霞に紛れて。失せにけり
能の世界ではシテ(主役)はあくまでも天女で、霊峰富士は背景になっています。
◆そこで、こちらをご覧下さい。明治から昭和初期の日本画家・木村武山(明治9年(1876年)- 昭和17年(1942年))の屏風絵「羽衣」 (静岡県立美術館所蔵)です。
(https://に続けて)www.hagoromo-hotel.co.jp/hagoromomura/gallery/g1101.html
”なんだか今月の鉢の絵に似ているなぁ”、と思うのは駄々香のひが目でしょうか。
◆富士山を背景にして天女を描くのと、富士山を背景にして龍を描くのと、美術史的にどちらが先でどちらが後なのか、あるいは同時発生的に並立したものかは、寡聞にして存じ上げません。しかし、この鉢が作られた明治30年(1897年)頃と時を同じくして、日本画家・木村武山が、富士山を背景にして天空を行く天女を描いていることは事実です。
◆この鉢が作られた当時、日本画の分野で、三保の松原と富士の高嶺を背景にして天女を描く「羽衣図」が、画題として存在していたことは確かだと思います。想像を逞しくすれば、浮田楽徳さんは、同じ流れで龍が主役、富士山が背景という絵付けをしたのではなかろうか。駄々香は、そんなことを思いついたのです。
◆話がややこしくなりましたので、出来事、登場人物、作品を年代順に整理してみました。
・能「羽衣」(世阿弥作、異説あり)の成立 15世紀頃
 世阿弥は、室町時代の猿楽師・能の大成者(正平18年/貞治2年(1363年)? -嘉吉3年(1443 年)?)
・狩野探幽 多くの龍図を描く 1600年代
 狩野探幽は、江戸時代初期の狩野派の絵師(慶長7年(1602年)-延宝2年( 1674年))
・葛飾北斎 「冨士越龍図」を描く 1849年(嘉永2年)
 葛飾北齋は、江戸時代後期の浮世絵師(宝暦10年(1760年)? -嘉永2年(1849年))
・木村武山 屏風絵「羽衣」を制作
 木村武山は、明治から昭和初期の日本画家(明治9年(1876年)-昭和17年(1942年))
・浮田楽徳 「雲龍富士山図万年青鉢」を制作 明治30年(1887年)頃
◆終わりに、もう一つ。駄々香が”これ、葛飾北斎の「冨士越龍図」と似てるなぁ”、と思う羽衣図をご覧下さい。幕末から明治前期の浮世絵師・月岡芳年(1839年(天保10年)-1892年(明治25 年))の「羽衣図」(東京国立博物館所蔵)です。
(https://に続けて)webarchives.tnm.jp/imgsearch/show/C0041990
これを見るにつけても、日本画の世界で“富士に龍”と”富士に天女”の相互乗り入れは結構あったのではないかしらん、と駄々香は思いを巡らすのです。
 


[2310] 台風19号、お見舞い  
■エビアン  投稿日:2019/10/11 (Fri) 23:14 ID:0a9WYOXTIVs    
  Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/64.0.3282.140 Safari/537.36 Edge/18.17763
●続きから描く
IMG_002310.jpg  ( 20 KB / 300 x 201 pixels ) by Upload
台風19号、お見舞い!!
11日夜の大阪でさえ相当強い北風が吹き荒れています。
お気をつけ下さいね。

※コメント1 - 2は省略されています[全て表示]
 -2019/10/13 (Sun) 17:49 ID:BR0rj1SJZ6k
各地で災害に遭われた方々にはお見舞い申し上げます。

今日は大阪の秋の大会ですね。そろそろ皆さんが帰途に帰られる頃かと思います。多摩川が氾濫したニュースも流れていますが、大きな川が少しあふれた程度です(被災されたからには申し訳ありませんが)。私の自宅も台風15号の時の方が、庭に飛び散った葉っぱは断然多かったです。仰るとおり、雨台風でした。風で家が揺れることもほとんどありませんでした(15号の時は揺れました)。

台風が本州に接近する途中で、千葉には突風が吹いて災害がありましたが、先般の台風の被害から立ち直る途中の大雨で、今回の被害よりもその方が大きい模様です。
今日は朝から、外棚で濡れてしまった蘭すべてに灌水して、北風5〜7mの中で乾かしておりました。湿度の低い過ごしやすい(気温は27度まで上がりましたが)一日でしたが、明日はまた雨のようです。


■エビアン  -2019/10/15 (Tue) 00:33 ID:0a9WYOXTIVs
洪水被害の大きさには驚きを覚える、。大部分は個人の責任で立ち直らなければならないのだから大変だ、。

■kumasann  -2019/10/15 (Tue) 10:26 ID:uK1RXSeQuO2
東洋蘭秋季展お疲れさまでした。当地に住んで70年以上で初めて避難指示(レべル5)を受けました、イザというときは二階に垂直避難として動かずに居ましたが、幸い越水に合わず棚も全て無事でした。
羽田〜大阪便は16時までキャンセル、当地から羽田まで午前中はJRは運行中止でしたので行きようも有りません。
交換会で知人のお宅が床下浸水になりました。
被災なされた方々にお見舞い申し上げます。

■エビアン  -2019/10/15 (Tue) 10:43 ID:0a9WYOXTIVs
関東地域にお住いの愛好家のみなさんは、大なり小なり被害を受けておられるでしょうから九州や岡山広島大阪の被災者のように自力復興しましょ、。首都だし激甚災害に指定されたし復興は他の地域よりも遥かに楽な筈ですよ、。
関東地方て河川が多いんやなぁ〜、。初めて知ったよ、。

 -2019/10/15 (Tue) 11:40 ID:BR0rj1SJZ6k
私の認識の甘さを思い知らされました。自分の周りだけ見て大したことないと思い込んでいました。昨年から戸隠神社、軽井沢、義父の実家(長野・飯田)と訪れ、千曲川が身近に感じられていただけに、あの被害の大きさには驚きです。これだけ広範囲だと、消費増税の還元を中止しても復興に充てても誰も文句言わないのではないかと思います。
橋からクルマが突然消えたサンフランシスコの大地震のとき、向こうに住んでいました。数日で 7.5%の消費税が、8.75%(カリフォルニア全体ではなく、サンフランシスコ周辺のみ)に上げられ、復興財源に充てられました。誰も文句を言う人はいませんでした。1989年のことですが。

遅れましたが、秋季展示会無事開催とのこと、おめでとうございます。「白黄簾」とは恥ずかしながら初見です。

 


[2309] ややこしい屋久島報歳蘭  
■イセゴイ  投稿日:2019/10/06 (Sun) 21:12 ID:dYxNRdLUf6Q    
  Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/77.0.3865.90 Safari/537.36
●続きから描く
IMG_002309.jpg  ( 78 KB / 336 x 448 pixels ) by Upload
エビアンさんこんばんは。
こちらはキンモクセイも終わり、朝晩は肌寒くなっています。

画像は「後ハゼ桑原晃」です。
誠文堂新光社の「東洋蘭 柄物」によると鹿児島金屋久島で作られていた中国報歳蘭、通称「屋久島報歳蘭」に黄縞が出たものとありました。

で、ややこしいことに屋久島には自生のホウサイランもある(あった)のです。
これも屋久島ホウサイランと呼ばれます。

なので「やくしまほうさいらん」にはまったく別の二手があるのです。
見分けるのは簡単で、中国の方は中国報歳蘭そのままの肉厚な立葉、自生の方は長くて肉薄な垂れ葉。

私は自生の方の実物を見たことはないのですが、「富岡素」で有名な春及園の鈴木吉五郎氏によると、「ひいき目に見ても良品とは言えない」と言うことです。


■エビアン  -2019/10/06 (Sun) 21:30 ID:0a9WYOXTIVs
イセゴイちゃん、。コンバンワ━━━━o(*>_っ<)ノ゙━━━━!!! 
「桑原晃」?、ふーん、そうだたか、。支那報才だよ、作りにくいハズだよ、にしては出来てるなぁ〜、。エビアンには作れなかったけどなぁ〜、。・゚・(。つ∀≦。)・゚・。
葉先きから焼け込んで来て作れなかった、。もっと派手柄だったけど、あれは別な種類だったのかな?、。桑原晃とラベルがあって交換会で買ったもんだたけど、。月給3万くらいの時に15万くらいしたよ、。
◆で、「キンモクセイ」の花はもう咲き終わったのかな?、ええ?、エビアンとこのは今年ガレージ建設時に切り倒されたから新しい苗木(1メートルほどの)を買って植えたのは咲かないていうことなんかな?

■イセゴイ  -2019/10/06 (Sun) 22:15 ID:dYxNRdLUf6Q
桑原晃でも「後ハゼ」の方です。

報歳蘭は全体的にあまり出来がよくなかったんですが、今年思い切って庭木の木陰に簡単な棚を作ってほかの山野草とともに雨ざらしで作ったら思いのほかよくできています。

「東洋蘭 柄物」に載っていた後ハゼ桑原晃の屋久島にまつわる逸話が面白かったので投稿してみました。

ちなみに30年以上前に出版された某野生蘭の本に載っている屋久島ホウサイランの写真は明らかに中国報歳の方でした。


■エビアン  -2019/10/07 (Mon) 00:22 ID:0a9WYOXTIVs
桑原晃に今ハゼ(天冴え)と後冴えとがあったのだたか、なんしろ50年前のことだから忘れてしまったよ、。桑原晃を買ったのは1度だけだたから、枯らしてそれで終わり、。日焼けするよと言われてたから棚下で直射光が当たらないように作ったけど、それでも焼けた、。葉幅が3〜4センチもある蘭だったから残念だったた、。焼ける性質の蘭は陽に当てなくても風がそよいだだけでも焼ける、。
◆そうと聞いても、今更黄色い布表紙の「東洋蘭柄物」の本を取り出して読んでみようかとは思わないけど,一度本自体を探してみようかな、。
尢魔ヘ強陽さえ当たらなければ外棚でも作れるよ,冬はダメだろうけどね、。
 


[2308] 令和元年記念、吉祥貝合せ紋万年青鉢 風来記No.626  
■駄々香  投稿日:2019/10/01 (Tue) 23:34 ID:nScwTtDsZjk  *1回修正  
  Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_14_6) AppleWebKit/605.1.15 (KHTML, like Gecko) Version/13.0.1 Safari/605.1.15
●続きから描く
IMG_002308.gif  ( 45 KB / 240 x 180 pixels ) by Upload
浮田楽徳(一柳さん)”渾身の力作”、拝見いたしました。
◆先ず、台から。かくも大きい楽焼万年青鉢を、よくぞ拵えたものだと驚嘆します。それも型ものではなく、轆轤で引き上げたというのですから、驚きです。
結構なたたずまいですね。しゃんと背筋が伸びて、媚びたところが微塵もない。6寸8分の胴返しながら、大味になることなく、少しも野暮ったさを感じさせません。
浮田楽徳(一柳さん)は、絵付けのみならず、作陶の技量も並大抵ではなかったと、あらためて感じ入りました。
◆次に、絵柄です。6枚目の拡大画像に、思わず息を呑みました。青海波の円弧の中には細い線で更に円弧が、貝殻表面に白色で鱗状の輪郭を描いた中には細かな縦筋が描き込まれ、黒っぽい色の霰の粒の周囲に白色の暈かしが掛けられと、これでもかと言わんばかり。
よくもまあ描きも描いたりなのですが、更に驚くのはその色数です。全部合わせて、いったい何色の顔料が使われているのでしょう。
◆これほどの銘鉢が、戦火と震災とをくぐり抜けて今の世に伝わり、こうして風来記で拝見が叶ったことは、奇跡と申せましょう。令和の御代の始まりを言祝ぐに相応しい、素晴らしい逸品とお見受けいたしました。

■エビアン  -2019/10/02 (Wed) 22:23 ID:0a9WYOXTIVs
駄々香ちゃん、。☆。.::・'゜★。、::。.::・'★*゚*☆*゚*こんばんは*゚*☆*゚*★☆。.::・'゜★。、::。.::・'゚、昨日の夜にカキコしてくれてたんやなぁ〜、。おかしいなぁ、見に来てた筈なんだけどなぁ~、。今夜投稿されてるのを見て驚いたよ、。・゚・(。つ∀≦。)・゚・。ホント、ごめん、。
◆この鉢の素晴らしい所は、全体のバランスが良すぎて「その大きさ」が画像からは伝わらないのよねぇ〜、。それで、解説記事の書き始めに「6寸8分の大鉢です〜」て文字で書いた訳よね、。6寸8分て古典楽鉢としては大きいよぉ〜、。
その大きさ具合が伝わらないと思ったもんね、。
こんなに大きい鉢をどうやって作ったんだろなぁ〜、とそっちの方へ興味がわいたよ、。
◆絵柄は一目見て「海岸縁の風景」だなぁ〜、て思ったね、。小菊だかハマユウだか分からないのが咲いてるのが岸辺、そこから砂浜が少しあって、青海波紋が波状になってるところが波打ち際、。その浅瀬に大小様々な二枚貝が生息している「古典模様を使った風景画」だと理解してるなぁ〜、。上手く描いたもんだと感心するよ、。
◆この鉢の元棚は有名な某コレクターで、儲かる事なら何にでも投資する人だから、蘭商人の目を今までくぐってこの鉢は生き延びてきたんだろなぁ〜、。ある程度の数が纏まって出たらしいから、。欲しいよね,こういう鉢を、。・゚・(。つ∀≦。)・゚・。
 

BBS NOTE 8.0b19 Siberia
ExModule NGword
ShiPainter, PaintBBS Program (C)しぃちゃん(shi-cyan)
PictureBBS Program (C) お〜の(ohno)
BBSPainter Program (C) にな(nina)