HOME更新返信順カタログ文章/画像投稿削除編集管理設定

   幅:  高さ:

[2217] 四川春蘭「紅孩児」  
■好香  投稿日:2018/02/19 (Mon) 21:44 ID:sYh6CeIIews    
  Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/63.0.3239.132 Safari/537.36
●続きから描く
IMG_002217.jpg  ( 35 KB / 450 x 600 pixels ) by Upload
1992年、四川省瀘州市古藺県の産、だそうです。 
香りは朶朶香なんですけど、最近は産地で呼び分けるんでしょうかね?

お久しぶりです。ご常連の皆様も、お変わりないご様子ですね。
この冬は寒かったです。気温計が-5℃近くまで下がった日がありました。ここ10年で初めてです。
奥地蘭は、全く異常ないように見えます。想像していた以上に、耐寒性がありますね。


■エビアン  -2018/02/19 (Mon) 22:16 ID:0a9WYOXTIVs
お、好香ちゃんだ、。((* ^−^)ノこんばん(* ^−^)ノわぁ〜♪、元気そうやなぁ〜、。
◆奥地蘭も最近は実生の時代に入ってるからね、何のカテゴリーに分類したら良いのかが不明な蘭も多いようやね、。色っぽい蘭も出来てるよ、。
画像の蘭は朶朶香でいいでしょね、。「とても良い香り」ていう意味だから朶朶香には違いないよね、。
◆今冬は東海地方でも寒かったのかな、。気候が温暖な地方なのにね、。九州や四国も寒かったらしい、。凍害防止ストーブを7〜8回使って乗り越えたよ、。まぁ凍害に遭った蘭が分かるのは、もう少し後の暖かくなり始めた頃に枯れ始めて分かるんだけどね、。気候が年々変動するから気を抜けない時代になったなぁ〜、。

■好香  -2018/02/19 (Mon) 22:47 ID:sYh6CeIIews
ありがとうございます〜。

3月10日の大阪東洋蘭会の展示会、伺うのを楽しみにしてます❤


■エビアン  -2018/02/20 (Tue) 01:21 ID:0a9WYOXTIVs
御来会頂けるんかな、。その頃までには少しは暖かくなってるでしょう、。待ってるよ〜、^^。
 


[2216] 今月の鉢は…  
■イセゴイ  投稿日:2018/02/12 (Mon) 18:08 ID:JsNeEynfRxQ    
  Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
エビアンさんこんばんは。
うちのあたりは一時1.5mほどまで雪が積もりましたが、ここ数日暖かかったので1mくらいまで減っています。

誰も書かないようなので僭越ながらトップの鉢について書かせていただきます。
ずいぶんインパクトのある鉢ですね。
錦鉢の概念を吹き飛ばされた印象です。
鉢についてはよくわからずあまり感想なども無いことが多いですが、この鉢は面白いと思います。
何やら縄文土器的だと思いました。


■エビアン  -2018/02/12 (Mon) 21:30 ID:0a9WYOXTIVs
イセゴイちゃん、。((* ^-^)ノこんばん(* ^-^)ノわぁ〜♪
新潟も大雪なんだろなぁ、ては思ってたよ、。屋根から落ちて来た雪の下敷きになって人が死んでたていうニュースを見て、雪は重たいんだなぁ、て感じたよ、(実は実感としては分かってないんだけどね)、。テレビ画面を見て、85歳が屋根に上って雪下ろししてるのは、先進国日本でありながら技術的に何とかならないのかて思ったよ、。大昔から繰り返されて来たことなのになぁ〜、。
◆今月のトップ画面「一角鉢」なぁ〜、。古典園芸界の人はハデハデしくて拒否反応示すんだろけど、戦後の楽鉢の中で100年後に残る鉢であることは確か、。ヒョッとすると布施鉢よりも残るかも知れない、。台の鉢自体の作りが独特なんだものね、。落款も入ってて、投資としてなら買える鉢でしょうねぇ〜、。損はしない、。
戦後の陶工の中に見るべき人が居ないのが、この鉢の存在感を引き立てているよなぁ〜、。
未使用鉢なので、万年青やマツバランや紫秀蘭などを植えて「時代を付ける」と今よりも価値が揚がるでしょね、。

■イセゴイ  -2018/02/13 (Tue) 19:10 ID:JsNeEynfRxQ
雪下ろししなくていい屋根と言うのはいくつかありますが、問題も多いのであまり普及してません。
道路の消雪パイプのように屋根に暖かい地下水を流して融かすやつとか、屋根の勾配をきつくして雪が自然に落ちるようにした屋根とかがあります。

地下水はくみ上げすぎると地盤沈下が起こるので道路優先になっています。
勾配の方は落とすスペースを確保しなければならないので住宅街や商店街などでは使いづらいです。


■エビアン  -2018/02/13 (Tue) 23:31 ID:0a9WYOXTIVs
ふむふむ、そか、あるのか、。そうだろなぁ〜、。何か不都合があって普及してないんだろね、。「屋根の雪溶かし装置」の普及版(家庭のトイレのようなの)を発明したら輸出もできるだろうになぁ〜、。何よりも85歳が屋根に登るていう危険が排除できるのになぁ〜、。
大雪が今年限定なら問題ないんだけど地球気候が変わって来てるものね、。
 


[2215] 白花白麗咲きました  
■narimune  投稿日:2018/02/06 (Tue) 14:01 ID://eK4EXzU3U    
  Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/58.0.3029.110 Safari/537.36 Edge/16.16299
●続きから描く
IMG_002215.jpg  ( 54 KB / 600 x 450 pixels ) by Upload
今日はご無沙汰いたしております。
やっと咲きました蓮弁しろばな白麗です。キャップしなかったので真っ白にはなりませんでした、ゴメンなさい。でもかわゆく咲いてきました。
今年は30年ぶりの寒さだそうですが、その所為か蓮弁蘭の一部に寒害らしき兆候が見られました。それで蓮弁だけは室内に取り込んだのですが、今度は暖かくて急に開花が進んでしまいました。いろいろ咲いてきましたが、この白麗は花間が広くて気品が感じられます。僕の棚では初めての開花ですが流石と云う感じです。

■エビアン  -2018/02/06 (Tue) 21:01 ID:0a9WYOXTIVs
narimuneちゃん、。((* ^-^)ノこんばん(* ^-^)ノわぁ〜♪、レス遅くなって、ごめん、。新スレが立つとは思ってなくて、。
◆「蓮弁しろばな白麗」やねんな、。「僕の棚では初めての開花ですが・・・」て、どういうこっちゃ?。・゚・(。つ∀≦。)・゚・。持つのがそんなに遅れたてことかな、。
◆画像で見ると、葉がチョッと黄ばんで見えるんだけど、画像撮影の加減だろか?、もしそうでなくて本当に黄ばんでるなら、作場が明る過ぎるからだて思うよ、。春蘭と同じようではダメで、寒蘭と同じくらいの所に置いて下さいな、。エビアンも現在の置き場所を3メートルほど横の春蘭の中に「白麗」を置くと、全く出来なくなったもんね、。明るいと葉に黒点が出るから判断が付くよ、。
◆「白麗の花間のことを気付いて書いてくれるところは流石だ思う、。葉質が他の蓮弁蘭とは違って濃緑でツヤがある、花は勿論図抜けてる、とか優れた点は多いけど、一番の特徴は「花間の良さ広さ」だとエビアンも思うなぁ〜、。
◆自然に咲かせた花もいいけど、東洋蘭である以上は人が手を入れてこそなので、次にはキャップ遮光してみて下さいな、。

■narimune  -2018/02/07 (Wed) 15:17 ID://eK4EXzU3U
この白麗を譲っていただいたのは2006年です、今年で12年目の開花でした。この間日当たり良く風通しの良い場所を心がけてきたのですが・・・、咲かない訳ですね、、今年から場所を変えます。作場が明るすぎると作が掛からなくなるというのはこの白麗固有の性質なんでしょうか、それとも蓮弁蘭に共通する性質でしょうか、僕はあまり気にしないで作って来たのですが、結構作落ちさせたり枯らしたりしてきました。作場が明るすぎたのでしょうかね。

■エビアン  -2018/02/07 (Wed) 22:06 ID:0a9WYOXTIVs
ええ?、12年も前にご購入だてか?、そりゃまた恐ろしく遠回りさせてしまったもんやなぁ〜、^^。エビアンも初購入時に置いた作場が「白麗」に嵌ったもので「こりゃ丈夫だな」と感じて、もっと早く増やしてやろうてな邪まな気持ちから、棚の中で最も大切な春蘭類を置いてある中に場所替えしたら、出来なくなったん、。場所のせいだとは気付かず肥料を替えたり水やりを増やしたりしたがダメで、ようやく「作場の明るさのせいだ」と気付いたのだた、。ブームの真っ最中に2年ほど無駄にしたよ、。
「寒蘭程度の置き場」と「あまり風通りの良さを好まない」ことに気を配ると良く増えて花着きも良くなったよ、。葉緑が濃いものね、明る過ぎを嫌うようやなぁ〜、。
◆細葉蓮弁蘭や広葉でも葉緑の薄い品種(春蕾のように)は陽光があっても大丈夫なようだけど、葉緑が濃くて葉艶がある「白麗」のような蘭は明るいとダメなようやね、。
寒蘭とか尢魔ニかが良く出来る場所に置いてやってくださいな、。
 


[2214] 丹賀蝶  
■友遊蘭 [HOME]  投稿日:2018/02/04 (Sun) 13:29 ID:GGpxJZYZMFM    
  Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko
●続きから描く
IMG_002214.jpg  ( 41 KB / 410 x 308 pixels ) by Upload
エビアンさん、皆様、こんにちは。
今年第一号の開花株です。本日、水やり中に偶然見つけました。
「丹賀蝶」です。6年前に入手しました余剰苗です。現在、二株に増殖しております。いかがでしょうか。

■エビアン  -2018/02/04 (Sun) 17:51 ID:0a9WYOXTIVs
友遊蘭 ちゃん、。((* ^-^)ノこんばん(* ^-^)ノわぁ〜♪(こんちゃぁ━━+。・(o・´口`・o)ノ゙ ・。+━━!! かも知れない)、。
◆「丹賀蝶」なんやな、。ちと老花だけどなぁ〜、。外4弁、内3弁に咲くんだけど、内弁が(天弁の)1枚不足してるように見えるなぁ〜、。2週間ほど前なら見頃だったかも知れないね、。
◆西の方から強い寒気が来てるから、九州も寒いんじゃないかなぁ〜、。九州の西側とか四国の愛媛県などの西側は今夜から2日間ほどは寒いらしいよ、。今夜と明日夜はストーブ必要かもな、。

■友遊蘭  -2018/02/05 (Mon) 20:18 ID:jcvSVI.n0SE
スマホからですので、短文です。

■友遊蘭  -2018/02/05 (Mon) 20:24 ID:jcvSVI.n0SE
九州も寒いですね!ここ3,4日の最低気温マイナス4℃です。雪もふっています。鉢の上砂、凍っています。

■エビアン  -2018/02/06 (Tue) 21:02 ID:0a9WYOXTIVs
九州は雪が降るんやなぁ〜、。
 


[2213] 交易会その3  
■kumasann  投稿日:2018/02/03 (Sat) 22:21 ID:.7rDbYpuBb.    
  Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; Win64; x64; Trident/7.0; Touch; rv:11.0) like Gecko
●続きから描く
IMG_002213.jpg  ( 139 KB / 548 x 365 pixels ) by Upload
前に並んだ一列が、彼の商品。
 


[2212] 交易会の人込み  
■kumasann  投稿日:2018/02/03 (Sat) 17:23 ID:.7rDbYpuBb.    
  Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; Touch; rv:11.0) like Gecko
●続きから描く
IMG_002212.jpg  ( 149 KB / 548 x 365 pixels ) by Upload
屋根下のメイン会場です。真剣なまなざしで、銘品、山採り(?)の品定めして、交渉してます。

■エビアン  -2018/02/03 (Sat) 23:45 ID:0a9WYOXTIVs
広い会場に売買する人が沢山、。箱物も立派、。趣味家が買いに来てるろいうよりは卸売市場の仲買人の取引風景のような印象、。人口の多さを考えれば羨むことでもないのかも知れないけど、せめて日本もこの1/100でも人が集まれば活気が出るのになぁ〜、。
 


[2211] 昆明蘭市場の土曜日  
■kumasann  投稿日:2018/02/03 (Sat) 17:20 ID:.7rDbYpuBb.    
  Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; Touch; rv:11.0) like Gecko
●続きから描く
IMG_002211.jpg  ( 92 KB / 494 x 329 pixels ) by Upload
一月20日の土曜日、昆明の蘭市場です、土曜日の午前中は交易会200〜300人が集まり、交易会が開かれています。
 


[2210] 早くも雲南は春  
■kumasann  投稿日:2018/01/28 (Sun) 16:34 ID:.7rDbYpuBb.    
  Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; Touch; rv:11.0) like Gecko
●続きから描く
IMG_002210.jpg  ( 125 KB / 493 x 329 pixels ) by Upload
エビアンさん、皆さん今日は。
今年は昨年より一月速く雲南を訪れました。
速くも菜の花が見られて、気温が20度近く暖かい昆明でした。
一月速いので、開花株は一部に限られました。
2月中旬は旧正月で旅行ができる状況になくて、一月下旬の訪問成りました。、

■エビアン  -2018/01/28 (Sun) 20:24 ID:0a9WYOXTIVs
kumasannちゃん、。((* ^−^)ノこんばん(* ^−^)ノわぁ〜♪
◆タイトルを「はやくもくも、みなみははる」て読んだもんだから、なんのこっちゃ?、て感じてしまったよ、。「うんなん」だたか、。・゚・(。つ∀≦。)・゚・。
雲南省へ行って来たんやなぁ〜、。暖かだったんだろうなぁ〜、。裏山、(うらやましい)、。
昔の箕面の風景を見る思いがする画像やなぁ〜、。どこかその辺に親戚のおじさんが働いていそうな気分になる、。本当にいいね、♪、。今の生活がいいか、貧しくても画像の風景が残ってるのがいいか、と問われると難しい問題だけどなぁ〜、。

■kumasann  -2018/01/28 (Sun) 21:48 ID:.7rDbYpuBb.
初めて、紅河県の蘭農に会ったときは、地方の町の蘭展の自由交易区で段ボールから出した蘭を並べていました。
翌日彼の市場の店と自宅の作場を訪問しました、レンガ作りの田舎家でした。それから6年彼は、街中の6階建ての住宅に移り、蘭専用の作場(散水装置付きの温室)、蘭市場の作場を持っています、生活環境が全く変わって居ます。
でも、自宅のポットン便ツボがマンションの水洗便所に変わりました、昔には戻れないでしょうね。

■エビアン  -2018/01/28 (Sun) 23:47 ID:0a9WYOXTIVs
ふむふむ、そうだろうなぁ〜、。われわれが何時か来た道やなぁ〜、。今になって、昔の茅葺屋根の農家や竹やツタで編んだ篭など失った文化が見直されて来てるけどなぁ〜、。中国には元々日本のような文化として残したいような個人の住宅は無かったから、彼らは進歩進歩と思ってるんだろけどね、。
 


[2209] 「桃蓋荷」と「桃玉荷」  
 投稿日:2018/01/21 (Sun) 11:50 ID:DK3pLKnbMaA    
  Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/63.0.3239.132 Safari/537.36
エビアン様、こんにちは。

「桃蓋荷」の花の画像を拝見しました。色気のある花ですね。正面やや下から撮ると、かなり丸っこく見えます。私のところにも風来記棚から頂いた「桃蓋荷」、「桃玉荷」があり木は増えていますが、まだ花芽を付ける力が無いようです。ところで、以前これら2つは同じ品種ではないかと言われていたと思いますが、その後いかがでしょうか?何か分かりましたら教えて下さい。

明日は雪の予報。気温はゼロ度。ところが、火曜日から多摩は、-6、-5、-4度と大寒波です。外棚から退避させたことがほとんどない私も、今晩から取り込みます。いったいどうなってしまったのでしょう、地球は。これでも温暖化は加速しているそうです。


■エビアン  -2018/01/21 (Sun) 20:09 ID:0a9WYOXTIVs *1回修正
鐘ちゃん、。((* ^-^)ノこんばん(* ^-^)ノわぁ〜♪、新年会(初会)だた、。レスが遅くなって、ごめん、。
◆「桃蓋荷」の今年の花は双頭花だったから、相当見好い花だと思ったよ、。「紅玉荷」の方はエビアンとこでは作を崩してしまって小さい木になってしまってるん、。結論は未だ不明やなぁ〜、。
◆地球温暖化て言われてるけど、基本的には地球は今、寒冷期に入ってるらしくて、そこのネジレ現象なんでしょね、。今は北へ行くほど寒い気温になってるようやなぁ〜、。
明日22日からは関西でも降雪の予報なので、明日の夕方にはストーブを点火しようと思ってるよ、。

 -2018/01/21 (Sun) 21:44 ID:DK3pLKnbMaA
こんばんは。今晩はまだ暖かい方で、氷点下にはならないのですが、明日午後から大変みたいです。2014年の大雪の日、出張から成田に戻り、電車で8時間もかけて都心に帰り、そこからタクシー待ち2時間、さらに3時間かけて家にたどり着きました。もう二度とあんな思いはしたくありません。マンションのベランダに置いてあった蘭もかわいそうでした。

「桃玉荷」ではなく、「紅玉荷」でした。2015年に頂いたときにバックの葉切れにサインペンで「紅玉荷」と書いてありました。そのバックもまだ残っており、私のところでは、昨年3本新木が出て8本になっていますが、15,6センチです。もう一伸びすれば来年花が見られるかもしれないと思っています。立ち葉性で古木は葉先が飛びやすいようですね(水やりがちょっと遅れている自分の下手な作りが原因かもしれませんが)。


■エビアン  -2018/01/21 (Sun) 23:46 ID:0a9WYOXTIVs
うん「紅玉荷」でしょ、。開花株は葉長25センチくらい必要なようやなぁ〜、。それとリン酸が花芽が着くのを促進する品種らしいね、。
今年の大阪は1月中旬は過ごし良かったよ、ここ数年には珍しいことだた、。今週は寒くなるようだけどね、。
東京は月曜日から大雪の予想やね、。蘭も人もお大事に!!!,、。

 -2018/01/22 (Mon) 00:07 ID:DK3pLKnbMaA
どうもありがとうございます。
先週、冬2回のリン酸施肥の1回目をやりました。25センチは今の木では無理なので、今春の新芽が多かったら芽欠きして大きな木を目指した方が良さそうですね。
まずは今週を乗り越えることに集中します。天気予報が少し変わって、火曜日が一番寒いのではなく、火曜日から週末に向けて寒くなっていくようです(関東地方)。
 


[2208] 道坂、樂忠(風来記No.598手島揫二鉢 関連)【楽焼鉢用語についての質問です】  
■駄々香  投稿日:2018/01/15 (Mon) 22:32 ID:d9FLolaMXkU    
  Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_13_2) AppleWebKit/604.4.7 (KHTML, like Gecko) Version/11.0.2 Safari/604.4.7
●続きから描く
IMG_002208.jpg  ( 29 KB / 250 x 242 pixels ) by Upload
大阪楽→手島楽という楽焼制作技術の伝播ルートがあったことを示す決定的証拠となった、「風来記No.598の一番下(8枚目)の画像」の刷り物に記載されている事柄について、2点、ご教示をお願いいたします。
[質問1]式・質・釉色・寸法と来て、その次の項目(銘款の前)の、「底○」の2文字目が、木偏は判るのですが、旁の方が滲んで読めません。何と書いてあるのですか?
(「様」のようでもあり、「楼」かも知れず、もしかしたら「棧」かも知れないと思うのですが。画像を拡大しても、やはり滲んで読めませんでした。)
[質問2]また、「底○ 三脚二眼」とありますが、「二眼」とはどういうことを指す用語なのですか?
(鉢底の絵を見る限り、底穴は1つのようです。そうすると底穴の数ではなさそうです。では、楽焼鉢の「眼」とは何なのかと、考えあぐねております。)

■エビアン  -2018/01/16 (Tue) 00:17 ID:0a9WYOXTIVs
駄々香ちゃん、。☆。.::・'゜★。、::。.::・'★*゚*☆*゚*こんばんは*゚*☆*゚*★☆。.::・'゜★。、::。.::・'゚、寒さも少し緩んだ大阪ですん、。
◆さて、チョッと説明しておかないといけないんだけど、この資料ねぇ〜、ちと複雑な事情があって、エビアン手元の原版でさえハッキリとは見分けられない画質の悪さなんよ、。元本(もとほん)がある都市と所有者とは知ってるけど、本の名前も教えてもらえてないくらいだし、「本のコピーをスマホで撮影したものをスマホに送って、もう一度スマホに送った画像をエビアンのPCにメールで送ってくれた」という代物なんよね、。本の実物も見せてもらえないん、。
◆元画像を拡大しても判然とはしなかった、。隔靴掻痒の感有り、。
◆「底○」は「底様」だと思われ、。
◆「三脚二眼」は「眼」だとは思うんだけどボヤケていて詳しくは見えないねん、。「二眼」だとしても、エビアンにも意味不明やなぁ〜、。
◆「楽忠は手島の義父の師なりと云、此縁故に因り、帝都に所掲の如き作品が現存するものならんか、」と書いてあります、。
◆御不満だろうけど、縁故の縁故を辿って、ようやく入手した資料で、皆さん微妙に商売がかかっているから、無関係の素人が根堀り葉掘りとは訊けない関係なんよねぇ〜、。単純簡単なことじゃないのよ、。

■駄々香  -2018/01/16 (Tue) 07:10 ID:d9FLolaMXkU
お答え有り難うございます。ご事情は理解いたしました。
◆この史料の最重要点は、「楽忠は手島の義父の師なりと云、」この部分だと思います。
そこが明瞭に読めれば、必要にして十分。それ以上は贅沢で我儘な望みと、納得しました。
◆「底○」は、エビアンさんのご指摘どおり、「底様」であろうと推察します。
楽焼鉢(より広くは盆器)の分野で、「底部の有様」を専門用語で「底様」というのですか?という、単純な疑問から伺っただけです。これは、私の発問の仕方が、悪かったのです。詮索する意図は、毛頭ありません。
◆「二眼」もしかりで、底穴が2つある中国鉢(鉛筆の太さぐらいの小さい穴、野香炉の水抜き穴)が思い浮かび、盆器の分野ではああいう底穴を「二眼」と言うのかしら?でも、この鉢の図では、底穴が一つしかないですね、という素朴な疑問でした。それだけです。お騒がせして、申し訳ありません。
◆それにしても、よくこの史料が残っていたものだと思いますし、スマホの画像リレーによって風来記に届いたということも驚きです。
本当に価値のある情報というものは、人と人とのつながりを通じてしか得られないのだということを、あらためて感じております。

■エビアン  -2018/01/16 (Tue) 14:19 ID:0a9WYOXTIVs
これ、盆栽関係の何かの本に掲載の一文(もらっているのは1ページ分、上半分には別な窯の鉢が載っている)で、本のタイトルも教えてもらえないらしいよ、。仲に立つ人が探して欲しいと言ったら「どこかにはあるけど、どこに行ったかも分からない」と言われたそうで、暗に「これ以上は教えたくない」というサインだと受け止めて引き下がって来たようだた、。エビアンの方も「これで十分です」と苦労をねぎらったくらいだたよ、。
東洋蘭関係の人じゃないし、そういう史実を独り占めして知って、それで商売が成立してる人なもので、引き下がらざるを得ない感じは理解できるからなぁ〜、。今はここまで、ということでエビアンも納得したんよね、。
◆「二眼」は「落款が2つ」て意味かしらねぇ〜、。「二」に相当するのは「落款」しか見当たらないものね、。
◆この写生画が描かれたのが昭和17年、戦争真っ最中の事だという所に少し驚くね、。あの可愛いエビアンが。・゚・(。つ∀≦。)・゚・。生まれた頃の出来事だよ、。手島には昭和18年に製作された献上鉢が2個存在するん、。たしか6号の蘭用大鉢で絵付けは別な絵師が描いた鶴の絵付けだたと思う、。戦時中も日本人は文化を受け継いでたんやなぁ〜、。その後、東京大空襲があって、多くの鉢が失われたのは残念な事やなぁ〜、。そして戦後の食糧難の時代に人心の荒みと共に東洋蘭も蘭鉢の多くも粗末にされて失われたんやなぁ〜、。残念な事や、。
 

BBS NOTE 8.0b19 Siberia
ExModule NGword
ShiPainter, PaintBBS Program (C)しぃちゃん(shi-cyan)
PictureBBS Program (C) お〜の(ohno)
BBSPainter Program (C) にな(nina)